Q&Aよくある質問
トップ > よくある質問

リフォームをする際のよくある質問をご紹介します。

リフォームは、お客様のご希望により自由度高く様々なことが実現できます。 ただ、自由度が高いと言えども、間違った知識でリフォームを進めてしまうと、膨大な費用がかかるだけで、理想の住まいから遠ざかってしまうことになります。

こだわりのリフォームで理想の我が家を実現させる為にも、 疑問はすっきり解決しておくようにしましょう。 こちらに掲載されていないご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

reformリフォーム全般

リフォームの流れを教えて下さい。
A

ご相談→現場調査→プラン説明→見積もり→契約→現場打ち合わせ→工事→引渡し→アフターフォロー ご相談時、ご要望をスタッフに伝えていただく際に、図面やイメージできる雑誌の切り抜きなどがあると、具体的な打ち合わせができます。お客様のご要望に合わせたプランを提案させていただき、お気に召しましたら晴れてご契約となります

見積もり無料とありますが、見積もり後に気に入らなかった場合断ることは可能ですか?
A

見積もりをお出ししたからといって、必ずしも契約をしなくてはいけないということはありません。ご安心ください。

相見積をとるポイントは?
A

見積もりの条件を業者間で同じ条件で出すことは、会社ごとに見積項目が違うために、一般の方からは分かりづらく困難です。アドバイスとしては、単純に価格や項目を比較するのではなく、担当者の提案力や対応の仕方に重点をおいて検討されることをオススメします。

工事中は普段の生活ができますか?
A

工事の規模にもよりますが、可能です。ただし、水回り等の工事は、数日間キッチンやお風呂が使用できない場合もありますので、考慮しておく必要があります。 また、工事中は複数の業者が出入りし、ほこりや騒音が必ず発生しますので、その点もご理解ください。

近隣に対して、挨拶や騒音の対処は?
A

近隣に関しては、弊社がご挨拶に伺います。騒音に関しては、対処していてもどうしても音が発生してしまいますので、近隣の方もご理解とご協力が不可欠になります。ご理解ください。

アフターケアはしているの?
A

工事後も安心してお過ごしいただけるよう、工事保証書を発行しています。年に1回メンテナンスハガキにて点検のご案内だけではなく、担当者による定期訪問も実施しています。安心してお任せください! ※工事内容によって内容は異なりますので、ご了承ください。

アフターケアがしっかりしている会社の見分け方は?
A

「アフターケアをしっかりしている」と、どの会社もうたっていますが、実際には工事後のクレームが多いです。アドバイスとしては、工事実績や施工事例が多い会社はアフターケアが充実しているようです。それだけお客様に支持されているからです。パンフレットやHPで施工事例やお客様の声などを確認するといいでしょう。

リフォームのメリット、デメリットは何ですか?
A

メリットは住みながらリフォームが出来ることです。引っ越しや仮住まいの必要がないことと、新築・建替えに比べ低予算で、新築同様にキレイで住みやすい家に生まれ変わります。デメリットはリフォーム内容が既存の構造、間取りによって制限が出てくることです。 低予算で抑えたい、いつまでに住みたいと期間に制限がある方にはリフォームをオススメします。

新築・建替えのメリット、デメリットは何ですか?
A

メリットは地盤、基礎から作り直すので耐久性・耐震性が向上します。 外観や間取りも一から好きなように作ることができます。 デメリットとしてはリフォームと違い、建築費以外の経費がかかります(解体、処理費、引っ越し費用、仮住まいなど)また、古い住宅ですと、建築基準法の改正により、今の家よりも小さくなる場合もあります。 全く新しく、丈夫な家にしたい場合は新築・建て替えをオススメします。

priceお支払い・費用に関して

お支払方法は?
A

来店払い、銀行振り込みの他にコンビニエンスストアでのお支払いも取り扱っております。全てのコンビニでお支払できるので、忙しい方にはとっても便利♪ また、リフォームクレジットも承っておりますので、ご安心ください。

リフォームでも住宅減税は受けられますか?
A

住宅減税を受けるには、次の要件をすべて満たしている必要があります。 ・自己の移住用に供している家屋の増改築であること ・費用が100万円を超える工事であること ・工事後の家屋床面積が50㎡以上であること ・返済期間が10年以上の住宅取得のためのローンであること ・年間所得金額が3000万円以下であることが主な要件となりますが、その他にもいくつか要件がございますので、詳しくは弊社までお問い合わせください。

kitchenキッチンリフォーム

システムキッチンを選ぶときのポイントは?
A

キッチンは生活スタイルを考えて選びましょう! 種類ですが、I型とL型の2種類で、価格的も手軽な簡易型と自由にレイアウトできる高価な部材型があります。一般的に簡易型が主流です。 既存のキッチンの不満点を解消してくれる機能をプラスするとよいでしょう。 また費用としては、別途で既存キッチンの解体費用、取付費、ガス・水道代工事費がかかりますので、考慮して選ぶとよいですね。

ガス台をIHクッキングヒーターに交換するには、どのような工事が必要になりますか?
A

一般的な2口以上のものですと、単層2口以上のものですと、単層200Vの単独回路を設置する必要があるので、電気工事が必要となります。 システムキッチンのシンク埋め込み型コンロを交換する場合は、どのメーカーもガス台から交換ができるようになっています。

既存のキッチンの場所を移動したいのですが、どのような工事が必要になります?
A

キッチンの移動は、排気や排水の工事が必要です。 特にマンションリフォームの場合は、排気ダクトを変更したことで吸い込みが悪くなったり、排水管がつまりやすくなる場合もありますので、確認が必要です。 詳しくはお問合せください。

water水回りリフォーム

リフォームすることで、お風呂が使えない期間はどのくらいですか?
A

ユニットバスからユニットバスに変更する場合ですと最短で工事開始の3日後にはご利用いただけます。 在来工法のタイル等の浴室からユニットバスに変更の場合は6日以上お風呂をご利用することが出来ません。 お客さまにお選びいただいた機種や、現場の状況などにより変わってまいりますので、お打ち合わせの際にご確認ください。

和式トイレを洋式トイレに交換したいのですが、どのような工事が必要になりますか?
A

既存の床や便器を全て撤去して作り直す工事が必要です。 洋式便器を取り付けるにあたっては、排水管の位置なども考慮する必要があります。 最近では、狭い和式トイレから洋式へのリフォームに適応するセット商品や、ある程度の排水位置に対応できるリフォーム便器などがありますので、ご相談ください。

トイレの便器を取り替えたいのですが、選ぶポイントはありますか?
A

取替えをする際にオススメなのが洗浄暖房便座です。 節水・節電・脱臭・部屋暖房機能などバリエーションが豊富です。便器と一体になっているものもありますが、水圧が弱いと使えないものもあるので確認が必要です。 メーカーにより様々ですので、機能、デザイン、予算に応じてご検討ください。

洗面脱衣所が寒いのですが、何か良い方法はありますか?
A

天井や壁に取り付ける洗面所用の暖房機があります。床に置くタイプではないので、洗面・脱衣所が狭くなりません。電源を取り付けますので、電気工事が必要です。

洗面脱衣所の湿気がひどいので、どうにかしたい。
A

まず換気扇を取り付ける方法があります。湿度センサー付のものや24時間換気扇機能付きの製品がありますのでオススメです。また調湿効果のある壁材がありますので併用すれば効果大です。

wall外装リフォーム

屋根や外壁の痛みが目立つのですが、どうしたら良いですか?
A

外廻りの塗装は3~5年位で点検することが大切です。ひび割れやコーキング、隙間がないかチェックしましょう。 塗装は、立地条件などにより異なりますが、おおよそ10年ほどの目安で塗り替えすると、キレイな外観が保てます。 塗壁の外壁や木製の破風(外観の見栄えをよくするために用いる隠し板のこと)は、塗り替えるだけではなく、サイディングや亜鉛鉄板葺きに替える方法もありますよ。

屋根材は、何年くらいで取り替えれば良いですか?
A

材料により差は出ますが、10~15年ほどで割れやずれなどを点検、メンテナンスした方が、長くキレイな状態を保てます。屋根材、下地、雨樋部分も合わせて点検し、補修・取替えを検討されるとよいでしょう。

interior内装リフォーム

畳からフローリングに取り替えたいのですが、どのような工事が必要になりますか?
A

1.まずは畳を剥がし、床下地を組み直して、フロアーを貼っています。 2.根太のピッチを細かく入れ丈夫な床に仕上げます。 3.下地を組み直し、断熱材を入れワックスを掛けて完成です。 耐防汚、耐クラック、耐水、耐熱、防音等の性能や種類も多数ありますので、ご相談ください。

掃除できるクロスはありますか?
A

CMでもお馴染みのサンゲツの「汚れ防止壁紙」もお取り扱いしております。 こちらは抗菌フイルムを表面にラミネート加工しており、付着した汚れをふき取りやすいメンテナンス性に優れた壁紙です。水拭きや中性洗剤を使って落とすことができますので、大変便利ですよ。

介護リフォームで、手するを取り付けたいのですが、壁は補強しないとだめですか?
A

手すりにかかる荷重は、人の体重の約3倍で、壁を補強しないと手すりは取り付けができません。 伝い歩きをするところでは横型、立ち上がる動作を支えるところでは縦型、横の部分をつかんで体を安定させ、立ち上がるときは縦の部分で体を支えるL型…といった特徴や場所に応じた取り付けが必要です。

高齢者に配慮したリフォームをしたいのですが、どのような工事が必要になりますか?
A

手すりやスロープの作成、段差をなくす等があります。また、その人にあった高さや位置に注意すると良いでしょう。

exterior外構・エクステリアリフォーム

駐車スペースを増やしたいのですが、ポイントはありますか?
A

駐車場といっても色々なタイプがあります。どのタイプでも基本は玄関の近くに配置することです。また、前面道路の幅や出入りのしやすさ、安全性なども考慮しましょう。 その上で、駐車台数や大きさ、ドアの開閉スペースなどを確認し、適する広さを確保しましょう。

駐車場に屋根を付けたいのですが、どのようなものがありますか?
A

カーポートは広さによって片側支持と両側支持の2種類があります。 1台用としては片側支持のものが手軽で多く使われます。屋根の材質は、ガラスやアクリルよりも紫外線をカットして強度のあるポリカーボネートパネルが人気です。 豊富にありますので、予算と用途に合わせて選びましょう。

営業地域:宮城県全域 営業地域:宮城県全域
ページトップ